UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10072

タイトル: Influence of Solid Friction on Dynamical Magnification
その他のタイトル: 個體摩擦の振動倍率に及ぼす影響
著者: Hagiwara, Takahiro
著者(別言語): 萩原, 奠禮
発行日: 1933年4月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第11冊第1号, 1933.4.5, pp.14-24
抄録: 機械的に地動を擴大し或は記録せしめる地震計に於ては描針,擴大用槓杵を支へるピボツトに働く固體摩擦の影響が問題となる.此の固體摩擦は一般には絶對値は常に一定で唯符號のみが描針の速度の方向に依つて異るものと考へられる.かゝる場合の固體摩擦の影響は近似的には既に知られて居るが,此處では近似的の方法に依らずに其の影響の計算を試みた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10072
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0111002.pdf514.12 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください