UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10084

タイトル: La deformation de la croute terrestre et la production des ondes sismique au foyer
その他のタイトル: 地殻變動と震源における地震波發生
著者: Ishimoto, Mishio
著者(別言語): 石本, 巳四雄
発行日: 1933年6月18日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第11冊第2号, 1933.6.18, pp.254-274
抄録: 1)著者は昨年震源における地震波發生機巧に關して一論文を提出したが,其れは地震初動分布の状況から察して四重源の存在を想定したものである.波動の傅播を對象として,之れを力學的に考へるならば,震源をー點と考へて差支へないであらうが,波動勢力を問題として物理的に之れを考へる場合においては,震源に相當大なる容積の存在を必要とし,波動成生と同時に物質移動を考へる事が至當である.四重源の假説からすれば,物質移動は正に岩漿移動として考へられ,地震に伴ふ地形變動は以上の機巧によつて起され得る筈である,従つて地形變動と初動方向分布との間には密接の關係が存在しなくてはならない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10084
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0112005.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください