UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10092

タイトル: On Silica Minerals Occurring in the Groundmass of Common Japanese Volcanic Rocks
その他のタイトル: 本邦火山岩の石基に産する珪酸鑛物に就いて
著者: Kuno, Hisashi
著者(別言語): 久野, 久
発行日: 1933年6月18日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第11冊第2号, 1933.6.18, pp.382-390
抄録: 筆者は北伊豆地方の基性火山岩の顯微鏡的研究中,その石基の主要成分の一つとして極めて晋通に珪酸鑛物(石英,麟珪石,クリストバル石)の存在する事を認めた.これ等の珪酸鑛物は本邦他地方の火山岩にも廣く存在するらしく,本邦火山岩の造岩鑛物として重要なものである.この論文にては,筆者の北伊豆地方火山岩の觀察により得た材料を基として,これらの鑛物の産出状態を記載し,その光學的諸性質を擧げ,それと他の地方に産するもの若しくば産出状態を異にするものとを比較した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10092
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0112013.pdf931.09 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください