UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10098

タイトル: Some Statistical Problems concerning Initial Earthquake Motion. (The First Report.)
その他のタイトル: 地震初動に關した二三の統計的問題
著者: Fukutomi, Takaharu
著者(別言語): 福富, 孝治
発行日: 1933年9月28日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第11冊第3号, 1933.9.28, pp.510-529
抄録: 1.關東地方の色々な場所に起つた地震の初動の押し引きを或る定まつた觀測所例へば東京本郷で見ると,ぞの押し,引きの分布に規則正しさがある事は既に指摘した所であつたが,其後並に其前の材料に就いても調査したし,又其説明として用ひた地震發生機構に就いても考へ改める必要を生じたので此處に再び此問題を考究した.其結果,是等の押し,引きの分布の規則正しさはその場所場所に起る地震の發生機構が相等しいと云ふ結論に達した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10098
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0113005.pdf960.86 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください