UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10112

タイトル: Construction d'un appareil analyseur en frequence et son application aux inscriptions sismographiques
その他のタイトル: 周波分解器製作と地震動記象の分解
著者: Ishimoto, Mishio
Kimura, Motoharu
著者(別言語): 石本, 巳四雄
木村, 一治
発行日: 1934年3月15日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第1号, 1934.3.15, pp.19-34
抄録: 1.地震現象中には各地域に固有と考へられる二次振動が多く存在する事が確められて居るが,其の振動周期は地盤の良否と密接の關係を有するものである.即ち各地震動中に存する卓越周期は地震災害間題に關して主要なものとなる.而して其測定においては前論文中簡單な方法を採用した.今回その根本的分解を試みる事となり,周波分解器を製作し,卓越周期の決定に努めたのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10112
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0121003.pdf1.4 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください