UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10130

タイトル: Reflection and Refraction of Seismic Waves in a Stratified Body. Part 2
その他のタイトル: 地表に一つの層があるときの地震波の反射及屈折(續報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 清
発行日: 1934年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第3号, 1934.9.30, pp.269-276
抄録: 1932年に出した論文では極めて特別な揚合のfHに對する土地の動き方のみしか計算してなかつた.しかしそれは殆ど不完全なものであることがわかつたのでこの論文に於て扱十のfHについての計算を試みた.それによると,地表上の點が常に楕圓形の運動をなす事は明かであるが,その楕圓主軸が地表面となす角,楕圓短軸の長さ,及び楕圓に沿うての左右の廻り方等がfHの差異によつて週期的に變化することがわかつた.週期的といつても可なり複雑なものである.けれどその主要週期は大體に於てfH=3.8といふことはいひ得るやうである.試みにこれを層の中での縦波の長さやこの縦波の方向に沿うて測つた層の斜の厚さから換算して見ると,fH=3.8といふことはかくの如き波長がかくの如き層の厚さに殆ど等しい場合を示すことがわかるのである.從てfH=3.8といふ週期は地震波が層の中で重複反射をなした爲の干渉の結果に一部分頂つてゐることが想像できるやうに思ふ.序に尚一つ變つてゐる事は,楕圓短軸の長さが零になるfHの所で楕圓の傾斜が極大又は極小となることである.もつと大づかみにいふと,楕圓短軸の幅を正負の符號を考慮に入れてfHにつき積分して行くと,楕圓の傾斜が出るといふことである.この理由は只今の所では説明することがむづかしいけれども,複雑な計算から出た事實であることだけは確かである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10130
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0123002.pdf272.52 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください