UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10136

タイトル: Transient Motions of a Pendulum Caused by an External Vibration with Sudden or Gradual Commencement
その他のタイトル: 急激又は漸次に始まる振助によつて起される振子の過渡運動
著者: Tsuboi, Chuji
著者(別言語): 坪井, 忠二
発行日: 1934年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第3号, 1934.9.30, pp.426-445
抄録: 始め静止して居る振子が外から振動を受けた場合に如何なる運動をするかと云ふ問題は,地震の初動を論ずる場合に重要であるに拘らず精しく計算した例が少い様である.本文に於ては振子が(1) t<0 j(t)=0 t>0 j(t)=sin t (2) t<0 j(t)=0 t>0 j(t)=2sint-sin2tなる振動を受けた2つの場合について,振子の振動の模様を,振子の週期と減衰度の色々な組合せに就いて計算した.(1)は外界の振動が急激に始まる場合.(2)は漸次に始まる場合である.計算は少し面倒なだけで少しも困難な所はない.本文中の第1動や第2動に對する倍率曲線が驗震家に用ひられれば幸である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10136
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0123008.pdf682.35 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください