UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10137

タイトル: Harmonic Analysis of Damped Vibrations
その他のタイトル: 振幅の減衰する場合の調和分析
著者: Kishinouye, Fuyuhiko
著者(別言語): 岸上, 冬彦
発行日: 1934年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第3号, 1934.9.30, pp.446-450
抄録: 地震計に制振装置のある場合や,土地自身が減衰振動をする場合等には地震記象を調和分析するに當つて週期に關して振幅の減衰の影響が考へられる.叉地震群や前震,餘震等の頻度を分析する場合にも其の減衰の影響が考へられる.簡單の爲に分析すべきものを正弦函數として,先づ其の振幅が指數函數的に減ずる場合を探り,次に直接的に減ずる場合と唸の様に振幅の變はる場合に就て調和分析によつて得られる結果を調べた.其の結果以上の様に振幅の變はる場合にも元の週期は調和係数の最大のものを探すことによつて求められる.但し減衰度の大きい時は係數の大さの差が小さく元の週期が探し難くなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10137
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0123009.pdf219.03 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください