UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10141

タイトル: On the Magnetic Damper
その他のタイトル: 磁氣制振器に就て
著者: Hagiwara, Takahiro
著者(別言語): 萩原, 尊禮
発行日: 1934年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第3号, 1934.9.30, pp.482-491
抄録: 近年大きい頑磁力を有する特種鋼が製作せられるに至り,永久磁石に依り可成りの強磁場を得ることが可能となつたので,地震計制震器としての磁氣制震器も使用範圍を擴め得る様になつた.本文は磁氣制震器の設計を試みる場合に必要な一事項に就き調査したものである.磁氣制震器の單位速度に對する制震力fは次式で興へられる.f=Cφ2σD/S.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10141
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0123013.pdf509.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください