UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10145

タイトル: 日本近海海底地形概觀
その他のタイトル: Bottom Relief of the Seas Bordering the Japanese Islands and Korean Peninsula
著者: 矢部, 長克
田山, 利三郎
著者(別言語): Yabe, Hisakatsu
Tayama, Risaburo
発行日: 1934年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第3号, 1934.9.30, pp.539-565
抄録: 重力野の状況が、殊に我が國の様な不安定な所では、永年變化をなすのではないであらうかと云ふ事を縮める爲に始めた實測である。觀測に用ひた器械は重力偏差計の原理によつたもので、全部熔融シリカで製作した。精度は、普通の可搬重力偏差計の約20倍程のものである。先づ此の器械が信用すべき記録を興へると云ふ事を確めた後、連續觀測を始めた。始めたのは今年一月であるから、未だ何等の結論は得られてゐない。只其の間に降雨による地下水の影響が重力野にも及ぶ事を縮めた。又夜半にも短週期の重力野の變動が現れる事がある。地下水の影響と認められるものを除いても、かなり長い時間に亘る重力野の變動が見られろ。之は何に原因するのかは今の所解つて居ない。
URI: http://hdl.handle.net/2261/10145
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0123017.pdf2.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください