UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10150

タイトル: Notes on the Undulatory Deformation of the Earth's Crust
その他のタイトル: 地殻の波状的變動に就いて
著者: Tsuboi, Chuji
著者(別言語): 坪井, 忠二
発行日: 1934年12月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第12冊第4号, 1934.12.30, pp.657-659
抄録: 著者はかつて濱田から新發田に到る水準線路の變形を論じて約80km.の波長を有する隆起沈降の波の様なものがある事を指摘した.しかしこの變形が二次元的には如何なるものであるかは解らなかつた.共後宮部理學士も本州の中央及び東海沿岸の水準線路についても同様の結論を得た.それで更に本州を横断する4本の線路の變動を調べてみた處がやはり同じ様な波形を示す事が解つた.それで此の變動は二次元的には隆起區域と沈降區域とが不規則な市松模様に並んでゐると考へるのが至當である様に思はれるのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10150
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0124003.pdf113.46 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください