UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10166

タイトル: Periods and Amplitudes of Oscillations in L- and M-phases
その他のタイトル: L位相M位相の振動週期及振幅
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 清
発行日: 1935年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第1号, 1935.3.30, pp.18-38
抄録: 地震紀象のL位相は振幅は小さいけれども振動週期が長く,M位相は逆に週期は稍短いけれども振幅が大きいことが普通認められてゐるところである.これを委しくしらべる爲にラブ彼とレーレー波を更に考へ直して見た.一體ラブ波は波長が如何に短くなつても其振動部分は表面層全體に行きわたつてゐるものであつて,これをレーレー波のやうに波長の極く短いものゝ振動部分が固體の表面にのみ蓄積するのと大いに違ふものである.さて問題を簡單にする爲に震動の勢力が各波長の調和波に各等しく分配されると假定して計算を試みると,L位相の波はM位相の波よりも常に振動週期が長いことがわかる.然るに振幅については近い震央距離ではL波の方がM彼の方よりも小振幅であるけれども,遠距離になると寧ろL波の方がM彼の方よりも大振幅になることが知られるのである.之等の結果が實際にあてはまるかどうかを見る爲に,種々の震央距離の遠距離地震の記象を比較して見たところが週期についても振幅についても上述の議論が略々成立することが確められたのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10166
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0131002.pdf837.34 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください