UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10173

タイトル: La diffusion des secousses sismiques dans la couche superficielle du terrain
その他のタイトル: 地震動の表面層内における擴散
著者: Ishimoto, Mishio
著者(別言語): 石本, 巳四雄
発行日: 1935年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第1号, 1935.3.30, pp.130-137
抄録: 1.最近著者は水槽内における水の振動様式が加速度地震計を以て記録した東京地方の地震動に酔似する事を示したが,其の現象の中には振動の擴散する事實のある事を述べた.本論文は特に此の問題を取扱つたものである.地震波の傳播に關する研究においては地表を一鏡面と考へ,波動は其の儘反射されるとなすが,近地地震の記象内には數十米の厚さを有する表面層内に誘起される定常性振動の認められる事から,光學的類似のみでは完分でない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10173
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0131009.pdf644.72 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください