UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10176

タイトル: A Statistical Study of the Ito Earthquake Swarms
その他のタイトル: 伊東地震群に關する統計
著者: Miyabe, Naomi
著者(別言語): 宮部, 直巳
発行日: 1935年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第1号, 1935.3.30, pp.155-170
抄録: 昭和5年に頻發した伊東附近の地震は,2月14日乃至4月10日と5月1日乃至5月31日の2群に分けることが出來,その地震頻數が,潮汐と密接な關係のあることが,從來指摘されてゐる.又,別の地震群について,氣壓の頻度などと相關々係のあることが知られてゐる.筆者は,潮汐や氣壓やそれ等の導來函數と伊東地震群の頻數との間の單並びに重相關々係を調べ,地震の頻數が,それ等の要素を變數とする一次函數で表はされるとした場合の係數を統計的に定めた.この式から豫期される頻數と實際の頻數とを比較してみると,尚多少の剰餘がある.是等の剰餘は,dataの取り方の不適當なことから生ずるものと,地震活動それ自身の消長にflueillationのあることから生ずるものとが含まれてゐると考へられる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10176
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0131012.pdf714 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください