UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10180

タイトル: The Stratigraphic Relation of the Lower Kadonosawa and the Yotuyaku Series of Iwate to the Poronai Series in Hokkaido, and the Marine Transgression of the Early Miocene, in Japan
その他のタイトル: 岩手縣北部新第三系下部門ノ澤統と四ッ役統との北海道幌内統に對する層位學的關係及び日本中新世前半の海進
著者: Otuka, Yanosuke
著者(別言語): 大塚, 彌之助
発行日: 1935年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第1号, 1935.3.30, pp.213-217
抄録: 著者はこの論文に於て,先に發表した處の下部門ノ澤統と四つ役統との幌内統に對する層位關係を稍々詳しく定め,前二統を村田理學士の川端層と紅葉山中間層とに對比せんとす.而して紅葉山中間と川端層とに對比せらるゝ北海道石狩炭田の北部なる幌新夾炭層とその上位の諸層とより下部門ノ澤統に特有なる貝化石を含むことをこゝに報告し,上記の對比の一資料にせんとす.日本中新世前半には幌内統によつて代表せらるゝ海進と,門ノ澤統によつて代表せらる海進とが存在せしものゝ如し.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10180
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0131016.pdf388.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください