UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10183

タイトル: Rayleigh- and Love-waves transmitted through the Pacific Ocean and the Continents
その他のタイトル: 太平洋及大陸を通過するレーンー波及ラブ波
著者: Sezawa, Katsutada
著者(別言語): 妹澤, 克惟
発行日: 1935年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.245-250
抄録: 表面波の走時觀係によつて地表の構造を決定しやうとする試みは既に多くの人によつて手をつけられてゐるが,それは殆どラブ波の關係を用ひたもののみである.ラブ波の分散曲線を出すことは極めて容易であるけれどもレーレー波のそれを出すことは可なり困難な爲と思はれる.筆者は金井氏等と共に既に種々の場合のレーレー彼の分散曲線を出してあるから,それ等を利用し,且つラブ波の特別の場合をもたやすく算定して,實際の測定結果と比較そてみたのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10183
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0132002.pdf367.05 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください