UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10184

タイトル: Decay Constants of Seismic Vibrations of a Surface Layer
その他のタイトル: 地表層の震動減衰恒數
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 清
発行日: 1935年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.251-265
抄録: 1.地表層が地震動によつて振動する問題は多くの地質學者の注意をひき,我々もかつて同じ問題を數學的に論じた事がある.この問題は最近土木工學的に重要性を增したので,我々は再び同問題を研究し特に齊田氏等の實驗結果の出てゐろ丸ノ内の地盤等について解法を押し進めてみたのである.この論文の計算法は5~6年前に出した一つの地表層の場合の應用に過ぎないのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10184
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0132003.pdf601.37 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください