UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10189

タイトル: 博多灣沿岸水準高低測量
その他のタイトル: The Revision of Precise Levelling along the Coast of the Hakata Bay
著者: 鈴木, 清太郎
長澤, 武雄
中原, 孫吉
著者(別言語): Suzuki, Seitaro
Nagazawa, Takeo
Nakahara, Magokiti
発行日: 1935年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.310-317
抄録: Three years ago, a diver discovered some parts of sea-bottom with tree stumps embeded about 300m off the coast from Mitoma to Nata, near the city of Hukuoka. One of the authors estimated the age of the catastrophe not older than about 620 years, supposing that the regressing rate of the coastal line caused by erosion in the past was as much 0.64 m per year as at the present time.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10189
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0132008.pdf564.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください