UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10192

タイトル: Supplementary Study on the Stereometrical Distribution of the After-shocks of the Great Tango Earthquake of 1927
その他のタイトル: 昭和2年丹後大地震の餘震の震原立體分布に關する研究補遺
著者: Nasu, Nobuji
著者(別言語): 那須, 信治
発行日: 1935年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.335-399
抄録: 丹後地質の餘震觀測報告(東京帝國大學理學部紀要,[ii],3(1929),29~129及び地質研究所彙報6(1929),245及び7(1929),133に記載)が出版された後震源の立體分布に就いて補足及び訂正を要する箇所があることを認め此論文には主として此等の點が取扱はれてゐる.即ち主なる補足訂正の點は次の通りである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10192
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0132011.pdf3.04 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください