UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10196

タイトル: 西南日本中央構造線と長崎三角地域とに關する二三の考察
その他のタイトル: Median Dislocation Line of Southwest Japan and the Nagasaki "Dreiecke"
著者: 大塚, 彌之助
著者(別言語): Otuka, Yanosuke
発行日: 1935年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.457-468
抄録: In this paper the writer summarizes our recent geologic knowledges with respect to the geo-tectonics of the Median Dislocation Line of Southwest Japan and the Nagasaki "Dreiecke" of F. v. Richithofen and II. Yabe, and arrives at the following conclusions: 1) The Median Dislocation Line was reactive during Middle Tertiary, and the Upper Cretaceous beds overthrust up the Isiduti Middle Tertiary beds with a low angled reversed fault plane.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10196
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0132015.pdf788.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください