UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10199

タイトル: Growth and Decay of Seiches in an Epicontinental Sea
その他のタイトル: 陸棚に於けるセイシの成長及老衰
著者: Sezawa, Katsutada
著者(別言語): 妹澤, 克惟
発行日: 1935年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第3号, 1935.9.30, pp.476-483
抄録: 本多博士,寺田博士其他の方々が昔試みられた研究によれば,灣内は勿論のこと,陸棚と思はれる所にも潮汐の副振動があるやうである.それを數理的に研究して見た所が,陸棚の深さと外海の深さの割合によつて種々の性質のあることがわかつた.外海に週期的の波動があるときに,陸棚に起るセイシは波動の週期によつて振幅が違ふけれども,共振に當る所の振幅は,極めて長週期の波動の場合の振幅に外海と陸棚の深さの割合の平方根を乗じたものに等しくなり,且つその場合に陸棚の外海と連る所の上下の振幅が零になるものである.之等は波動勢力の外海への逸散を考へて始めて得られる結果である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10199
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0133002.pdf328.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください