UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10202

タイトル: Pulsatory Oscillations of the Earth's Crust due to Surface Force
その他のタイトル: 地表面に作用する風力その他によつて起される脈動
著者: Iida, Kumizi
著者(別言語): 飯田, 汲事
発行日: 1935年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第3号, 1935.9.30, pp.504-518
抄録: この論文は脈動を地表層の歪振動に閲係づけて,理論的に地表面の振動問題を取扱つたのである.表面に作用する力によつて起される不均質彈性體の振動問題については,既に西村學士の詳しい計算がある.筆者はこれと同じ問題を積分方程式を用ひて解き,表面層が二ある場合をも求め,二三の簡單な例についてその解法を示した.最後に實際關測された脈動の週期,振幅,風速との關係を圖示し,これらの圖と計算から得られた値とを比較する事によつて,地表面に働く摩擦力,及び表面層の厚さが夫々求め得られる事を附加しておいた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10202
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0133005.pdf854.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください