UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10204

タイトル: 不連續面が彈性波の傅播に及ぼす影響(其の7) : 表面層を有する彈性體内に於ける體自由波の生成及び傅播機構.雨彈性體が密着せる場合
その他のタイトル: On the Effect of Discontinuity Surfaces on the Propagation of Elastic Waves. (7)
著者: 西村, 源六郎
著者(別言語): Nishimura, Genrokuro
発行日: 1935年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第3号, 1935.9.30, pp.540-554
抄録: In the present paper are studied the vibratory motions of a surface layer and a subjacent semi-infinite elastic body when a dilatational wave is obliquely incident on the common boundary where the two solids adhere closely. In the first chapter, we studied the general properties of free waves propagated in the two solids, namely, in the surface layer and the subjacent solid, when a dilatational wave of harmonic wave-type of infinite extent is obliquely incident on the bottom surface of the surface layer. In the second chapter are explained analytically the general phenomena of wave motion in the two solids when a dilatational wave of shock wave-type is obliquely incident on the common boundary.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10204
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0133007.pdf555.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください