UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10220

タイトル: Vibrational Causes of the Overturning of Railway Carriages on the Setagawa Bridge in the Typhoon of Sept. 21, 1934
その他のタイトル: 瀬田川鐵橋に於ける車輛顚覆の振動的原因
著者: Sezawa, Katsutada
著者(別言語): 妹澤, 克惟
発行日: 1935年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第3号, 1935.9.30, pp.715-722
抄録: 昭和9年9月21日の颱風による損害は數々であるが,瀬田川鐵橋に於て鐵道車輛が顚覆したのもその一例である.鐵橋上で而も烈風中での事故であるから,原因を風力に持つて行くべきは當然であるけれども,尚それを空氣力學上の静力學的原因と空氣力學上の振動的原因とに分けることができる.評力學的の原因即ち飛行機の翼を持上るやうな力や壁に風があたるやうな作用も見逃し難いけれども,茲には特に振動的原因のみを考へることにした.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10220
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0133023.pdf411.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください