UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10226

タイトル: On the Sinking of the Earth's Crust in the Eastern Part of the City of Tokyo
その他のタイトル: 江東地域に於ける地盤の沈下
著者: Miyabe, Naomi
著者(別言語): 宮部, 直巳
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.763-771
抄録: 本所深川等,所謂,江東方面に於いて,地盤の沈下の著しい事は既に知られてゐる所である.本論文では,その沈下の理由について考へ得ぺきことを二三擧げてみたのであるが,要するに今日では,その何れの理由が勝つてゐるかを判定する事が困難である.沈下の量と,表面の冲積層の厚さとの關係を調べてみると,今までのところでは,大體に於いて,冲積層の厚い場所程沈下量が大であるといふやうな傾向も見えるので,表面の冲積層の収縮などゝ言ふことも,無視し得ない沈下の理由の一つであろうと思はれるが,それ許りであるとも言へないやうである.尚,研究が進められてゐるから,今後の成果に期待するより外はない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10226
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134005.pdf484.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください