UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10230

タイトル: 浅間山小爆發の2例に就て
その他のタイトル: On Two Cases of Minor Eruption of Mt.Asama
著者: 寺田, 寅彦
著者(別言語): Terada, Torahiko
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.801-805
抄録: Two cases of minor eruption of Mt. Asama are described. . A sample of ash collected on the occasion of the eruption on Aug. 4, 1935, consists of compact nuclei of rock fragment, a few tenth of mm in diameter, which is covered with a spongy mantle of aggregated fine ash particles. Possible causes of the origin of such a structure are suggested. As for the eruption of Aug. 17, 1935, an abnormal distribution of the intensity of audible sound within a narrow range of 10 km from the crater is described.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10230
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134009.pdf407.86 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください