UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10233

タイトル: On the Omogo Acidic Rocks
その他のタイトル: 面河酸性岩類に就いて
著者: Tsuya, Hiromichi
著者(別言語): 津屋, 弘注
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.910-924
抄録: 愛媛縣と高知縣との境に位する石鎚山の南側の景勝地である面河渓には二十萬分の一地質圖"高知"及び同説明書に流紋岩として記載されてゐる酸性岩體が露出してゐる.此火山岩體は同地方の結晶片岩系及び石鎚山第三紀層を貫き,肉眼的並びに顯微鏡的に次の三岩型に大別される.1.斑状含單斜輝石-角閃石・黒雲母花崗閃綠岩2.細粒質黒雲母花崗岩3.單斜輝石・斜方輝石・黒雲母・石英粒面岩
URI: http://hdl.handle.net/2261/10233
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134012.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください