UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10234

タイトル: Energy Dissipation in Seismic Vibrations of Actual Buildings
その他のタイトル: 三菱仲13號館,仲12號館6號,東7號館別館の震動に於ける勢力逸散性
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 清
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.925-941
抄録: 前の論文に於て述べたところの震動勢力の地下逸散によつて建物が著しく耐震的になるといふ理論を實際の建物に應用して或地震動に於ける耐震性を確めて見たのである.之等の3階,4階,5階建は何れも鐵筋コンクリート作りで地下室を有してゐるけれども,之等の地階は非常に強い構造であり且つ有効部分の高さが低いために適當な方法で取除いて考へた.叉,各床はその構造からわかるように決して屈曲しない剛いものであると假定して計算を試みた.屈曲すると考へることは寧ろ面白くないけども念のために次の機會によく確める積りである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10234
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134013.pdf852.91 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください