UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10238

タイトル: 昭和10年7月11日靜岡地震に就て
その他のタイトル: The Shizuoka Earthquake of July 11th, 1935
著者: 齊田, 時太郎
著者(別言語): Saita, Tokitaro
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.985-998
抄録: At 5 h 25m p. m. on July 11, a severe earthquake occurred in Shizuoka and its vicinity. Railway traffic, telephone and other means of communications were temporarily suspended, while many houses were demolished and a number of fissures reported. There were also men who were pinned under collapsed building and killed. The writer of this paper remarked the local difference of the overturning direction of stone-lanterns and investigated the damages to building in geological attitude. He pointed out too the amount of the sliding of buildings according to earthquake vibration varied with the age of buildings.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10238
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134017.pdf2.31 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください