UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10240

タイトル: 昭和10年7月11日靜岡地震後に於ける水準測量結果報告
その他のタイトル: On the Result of Precise Levellings in the Strongly Shaken Area of the Siduoka Earthquake of July 11th, 1935
著者: 福富, 孝治
著者(別言語): Fukutomi, Takaharu
発行日: 1935年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第4号, 1935.12.20, pp.1010-1018
抄録: After the destructive Siduoka earthquake of July 11th, 1935. in strongly shaken area a precise levelling along a route of old Tokaido extending from Tegosi, Siduoka, to Sodesi near Okitu, and that along a route extending from Kunosan-sita to the eastern bank of the river Abe along Suruga Bay were carried out in four times. The relative vertical displacements of the bench marks along these level lines obtained by comparing the results of the recent measurements with those of earlier ones are shown in Table I-IV and in Fig5. 2~6. The writer made some discussions for the results.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10240
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0134019.pdf480.43 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください