UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10244

タイトル: 4.小淺間及棒録三角點に於ける緯度の測定
その他のタイトル: 4.Latitude Determination at the Koasama and the Boroku Triangulation Points.
著者: 高橋, 龍太郎
著者(別言語): Takahasi, Ryutaro
発行日: 1936年3月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第1号, 1936.3.20, pp.26-37
抄録: In connection with the precise levelling done this summer at volcano Asama, latitude determinations were made by the writer at Koasama and Boroku triangulation points, both of which are situated on the eastern slope of the volcano. The reason for doing it was to determine the present shape of the geoid, in order to obtain data to enable us to distinguish the change in shape of the geoid from true deformations of the volcano, when relevelling the mountain in the future. The results of the observation are 36°24′36″・519±0″・052, Koasama, 36°22′59″・75±0・21, Boroku. Besides these observations, a rough estimate of the longitude was made at Koasama, giving 9h14m15s 424±0s 125. These values give deviations of vertical(A-G) of the following magnitudes : Koasama: {12″07 in latitude; -Xs 260 in longitude;} Boroku : 3″79 in latitude.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10244
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0141004.pdf525.29 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください