UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10248

タイトル: 8.Contributions a I'Etude Geologique du Plateau de Musasino, pres de Tokyo
その他のタイトル: 8.武蔵野臺地の地質構造に就いて
著者: Imamura, Gakuro
Yazima. Nikiti
著者(別言語): 今村, 學郎
矢島, 仁吉
発行日: 1936年3月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第1号, 1936.3.20, pp.83-91
抄録: 井戸といふ一風變つた露頭を多数調査することによつて1)西武藏野臺地面は堆積面であり2)四圍の丘陵との境はローム後といふやうな新期斷層ではなく3)在來の斷層は不整合であり,この不整合面は臺地下に延長されて居る等の事を證明し得た。
URI: http://hdl.handle.net/2261/10248
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0141008.pdf511.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください