UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10257

タイトル: 17.Energy Dissipation in Seismic Vibrations of a Seven-storied Structure. Nature of Corresonance.
その他のタイトル: 17.7階建築に於ける震動勢力の逸散性
著者: Seazwa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 清
発行日: 1936年6月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第2号, 1936.6.5, pp.189-200
抄録: 7階建築について以前の方法と新しい方法とを以て震動逸散の理論を作つた.東京海上火災保險會社の御好意によつて供給された構造圖を利用して同社の海上ビルデイングに上述の理論を應用して見たのである.但し應用した理論は以前の方即ち簡單な方である.新しい方に非常に複雑であるが,目下計算中でありその結果は次の報告に發表できる積りである.こかしもつと低い建物の場合に照して,逸散の性質にそれ程違ひはないと思はれる.研究の結果,屈曲モーメント其他の性質は他の建物の場合と大體に於て似てをり,一々説明することを省略するけれども,第1階の柱に起る屈曲モーメントが第一次共振以上の振動数に於て依然として小さいことは注目に値する.叉,餘共振に於ける各層の柱に起る屈曲モーメントの値に種々面白い規則があることもわかつたが,之等は本文に委しく説明してある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10257
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0142004.pdf573.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください