UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10261

タイトル: 21.出羽村及び濱松町における地震動卓越周期の觀測
その他のタイトル: 21.Observation des pcriodes predominantcs dans les sccousses seismiques a Deiva-mura et a Hamamatu-tyo
著者: 石本, 巳四雄
著者(別言語): Ishimoto, Mishio
発行日: 1936年6月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第2号, 1936.6.5, pp.240-247
抄録: 地震動中に卓越する加速度の大なる波動の周期は各地に於て一定ならす其の地盤の良否と密接な關係を有する事は既に數囘報告したものであるが,今囘は特に地盤の悪いと考へられる埼玉縣出羽村と東京市芝區濱崎町とにおける觀測結果とを述べ,表面層の厚さと卓越振動周期との關係に就て言及し度いと思ふ.
Nous avons installe deux seismographes accelerometriques a Dewa-mura et a Hamamatu-tyo et reussi a enregistrer certain nombre de seismes apparus surtout dans la region de Kanta. Il y a toujours les periodes predominantes dans les secousses qui ont un rapport serre avec l'epaisseur du boue superficiel au desur la croate comparativ ment solid.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10261
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0142008.pdf420.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください