UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10266

タイトル: 26.大阪市内に於ける土地の固有振動の測定
その他のタイトル: 26.Determination of the Proper Periods of the Ground in Osaka.
著者: 那須, 信治
萩原, 尊禮
著者(別言語): Nasu, Nobuji
Hagiwara, Takahiro
発行日: 1936年6月5日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第2号, 1936.6.5, pp.290-296
抄録: During a period of about two weeks following the strong earthquake of Feb. 21st, 1936, the aftershocks were observed at five temporary stations in Osaka for the purpose of determining the proper period of the ground. In this work two portable acceleration seismographs were used. The most frequent period at Kodu and Ootemae, stations in the upper town, was 0.15sec., while at Itioka and Noda, stations lying in the lower town, it was about 0.2sec. At the centre of the city, i.e., at Senba the proper period of the ground was 0.3 sec. Frequency curves of the period at these stations are shown in Fig.4. In interpreting the results, geological structure of the city has been taken into consideration.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10266
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0142013.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください