UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10281

タイトル: 41.Geology and Petrography of lo-sima (Sulphur Island), Volcano Islands Group.
その他のタイトル: 41.火山列島硫黄島の地質及岩石に就いて
著者: Tsuya, Hiromichi
著者(別言語): 津屋, 弘逵
発行日: 1936年9月21日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第3号, 1936.9.21, pp.453-480
抄録: 硫黄島(俗稱中硫黄島)は北硫黄島と両硫黄島との略中間に位し,橄欖石・輝石・中性長石・粗面安山岩の熔岩,迸入岩,凝灰岩,砂礫等より成る火山島である.此島の大部分は最近の地質時代に活動した海底火山の隆起に依つて生じたもので,特に其北東過半部を占めてゐる元山の地質構造は甞て海底に沈積した凝灰岩が粗面安山岩質岩漿の餅盤状淺處迸入に因つて圓項丘状に押し上げられた事を示してゐる.本文では同島の地形及び地質構造を述べ,其結果から島の發育の歴史を推定し,最後に同島を構成する岩石の顯微鏡的並びに化學的性質を記載した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10281
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0143013.pdf2.92 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください