UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10295

タイトル: 55.明治9年以降東京觀測各月地震回數統計
その他のタイトル: 55.Etudes statistiqucs sur les seismes observes a Tokyo depuis 1876
著者: 石本, 巳四雄
著者(別言語): Ishimoto, Mishio
発行日: 1936年12月21日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第4号, 1936.12.21, pp.610-615
抄録: Nous avons etudie surtout la frequence des seismes ressentis a Tokyo pendant la periode 1898~1935. Nous constatons qu'il y a deux maxima dans la courbe de frequence correspondant a 3 seismes et a 10 seismes par mois. Nous distingons tres bien le premier et ses epicentres partagent dans la region de Kanto, tandis que deuxieme apparu, ordinairement une fois par an, comme le grotipe ayant ses epicentres dans la region limite.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10295
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0144012.pdf259.88 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください