UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10296

タイトル: 56.On the Sloiv Migratory Motion of the Volcanic Activity in Japan.
その他のタイトル: 56.本邦に於ける火山活動の移動に就て
著者: Terada, Torahiko
著者(別言語): 寺田, 寅彦
発行日: 1936年12月21日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第4号, 1936.12.21, pp.616-618
抄録: 理科年表所載の本邦に於ける火山活動の記録を資料として,各年代に於いて活動した火山の平均緯度が年とともに如何なる變化を示すかを調べたのが本文の趣旨である.結果として著しい事實が認められたわけではないけれども,長期に亘る緩徐な移動と,且つ左様な火山活動の移動を生じ得べき一二の理由とについて述べてある.(宮部記)
URI: http://hdl.handle.net/2261/10296
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0144013.pdf143.94 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください