UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10297

タイトル: 57.On the Displacement of the Tanna Fault since the Pleistocene
その他のタイトル: 57.更新世以後に於ける丹那斷層の運動に就いて
著者: Kuno, Hisashi
著者(別言語): 久野, 久
発行日: 1936年12月21日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第4号, 1936.12.21, pp.619-631
抄録: Warping of the slopes of the Taga and Yugawara volcanoes (lower Pleistocene) caused subsidence of the Tanna and Tasiro basins and at the same time elevation of the area between Kuro-dake and Nirayama. Later, this district was affected by the Tanna fault. The block on the western side of the fault was displaced about 1 km horizontally southward for the greater part of the fault line, and was elevated about 100 meters or more in its southern part, relatively to the block on its east. The fault displacement that occurred at the time of the earthquake of 1930 is similar in character to the above-mentioned displacement that occurred in geological times. The fault displacement itself is not the sole cause of the origin of the Tanna basin. This basin was formed chiefly through down-warping of the volcanic slope. As a result of the fault displacement, the topography of the basin became somewhat more complex than it had been before.
丹那断層に沿ふた地域に於ける地質學的並に地形學的觀察の結果を基にして,更新世以後に於ける本断層の運動を推定した.其の結果,断層の西側の地塊は,東側の地塊に對して,南方に向つて約1km水平に移動し,且つ本断層線の南部(浮慎-池ノ由峠間)に於いて約100m若くばそれ以上隆起して居る事が判明した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10297
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0144014.pdf895.49 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください