UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10355

タイトル: 57.The Water Surface of a Lake as an Indicator of Crustal Deformation.
その他のタイトル: 57.琵琶湖の水位に就いて
著者: Tsuboi, Chuji
著者(別言語): 坪井, 忠二
発行日: 1937年12月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第15冊第4号, 1937.12.20, pp.935-943
抄録: 私の最近の論文(地震の時間的並びに空間的分布に就て)に對する反駁論が英国のホイツプル博士によつて發表された.彼は私が世界地震に就て計算した處の或1個所から他の個所に移つた實際の地震の數と理論上豫期される數との比を採用して,或る假定の下にその比の値の生起する總囘數を計算した,而してその總囘數を縦軸にとり比の値を横軸にとつて階段的の圖を畫いた.滑かな曲線はその隅々を結び付けたものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10355
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0154006.pdf379.99 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください