UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10366

タイトル: 5. Gravity Anomalies and Deviations of the Vertical in Izu-Osima
その他のタイトル: 5. 大島に於ける重力異常と鉛直線偏倚
著者: Muto, Katuhiko
著者(別言語): 武藤, 勝彦
発行日: 1938年3月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第1号, 1938.3.20, pp.39-59
抄録: The result of the present study is summarized as follows: The distribution of excess mass in the earth's crust in the region near Izu-Osima was determined by using the data of gravity anomalies on the surface of the earth. In determining the distribution of the excess mass, we assumed, for convenience in calculation, that (i) The earth's crust in the region under consideration is divided into 75 blocks or cubes; and that the excess mass that is responsible for the gravity anomalies on the surface of the earth is concentrated at the centre of each of such cubes. (ii) The density of the excess mass ρ'was assumed to be 0・1 or zero. After the distribution of excess mass was thus determined, the deviations of the verticals for the stations, Okada and Habu, were calculated, and the results compared with actual data, with satisfactory results. It should be added, however, that the mode of distribution of the excess mass is not a unique solution.
最近伊豆大島に於いて鉛直線偏倚を測つてみた結果.波俘にて 南北成分(G-A) -11・4″ 東西成分(G-A) -3・9″ 岡田にて 〃 -28・6 〃 +0・8 なる値を得た.この程度の大いさの偏倚は特に重大視する程のものではないが,こゝに特異とすべき點は,大島の北端岡田に於ても南端の波浮に於いても南北成分が共に符號が同一なる點である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10366
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0161005.pdf966.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください