UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10392

タイトル: 31. Relation between the Normal-Tangential Viscosity Ratio and Poisson's Elasticity Ratio in Certain Soils
その他のタイトル: 31. 二三の土に於ける2種の粘性比とポアソン彈性比との関係
著者: Iida, Kumizi
著者(別言語): 飯田, 汲事
発行日: 1938年6月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第2号, 1938.6.20, pp.391-406
抄録: 本論文に於いては土の物理的性質特に彈性及び粘性に關係せる性質の實驗的研究の結果が延べてある.土の彈性がそれが含有する水の量によつて大いに變化する事を已に屢々述べたが,今囘は更に粘性に就いても研究し,且つ樅振動から求めた固體粘度と握捩振動から求めた固體粘度との比に對する彈性Poisson比の關係を實驗的に檢べた.λ,μに相當する固體粘度λ',μ'等を求めた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10392
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0162013.pdf774.21 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください