UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10400

タイトル: 39. The Effect of Cooling on a Plastic Earth under Gravitational Forces.II
その他のタイトル: 39. 地球の冷却が重力の下にあるそのプラスチツク狀態に及ぼす影響II
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1938年9月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第3号, 1938.9.20, pp.527-537
抄録: この前の論文で地球が固體化してからのプラスチツク應力の狀態は主として重力から來るものとして差支なく,熱冷却の影響は大したものでないことを述べて置いた.この論文では更に進んで熱冷却の分布や質量分布が不規則な場合をしらべて見たのであるが,プラスチツク應力の一般的傾向は依然として同じ事がわかつた.プラスチツク應力があるためには,地殼の剛性がなにがしかなければならぬ.之は地殼を彈性體として取扱つてもプラスチツク體として取扱つても同様である.また,只今の問題では特に,固形の地球の狀態が液狀のそれと如何に異なるかを論じたものである.之は重力の狀態が殆ど同じとして取扱ふからである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10400
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0163003.pdf445.25 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください