UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10405

タイトル: 44. 東京帝國大學構内に於ける地震動加速度の比較觀測(其の一)
その他のタイトル: 44. Comparative Observations of the Acceleration of Earthquake Motions in the Compound of the Tokyo Imperial University.(Part I)
著者: 萩原, 尊禮
表, 俊一郞
著者(別言語): Hagiwara, Takahiro
Omote, Syun'itiro
発行日: 1938年9月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第3号, 1938.9.20, pp.632-637
抄録: The acceleration seismograph was first installed in a wooden cottage near the Earthquake Research Institute and later in the Seismological Institute (wooden structure). The instrument was set on a concrete block in the structure. The elements of the instrument are as follows. Mass of pendulum 15 kg Component Two horizontal components Period of pendulum 0.115 sec Sensibility 1 mm on the record corresponds to acceleration 1・7 gal Damping of pendulum Critical (Air damper)
URI: http://hdl.handle.net/2261/10405
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0163008.pdf1.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください