UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10411

タイトル: 50. Geophysical Studies of Mihara Volcano, Oosima Island.IV. : A Minor Activity of Volcano Mihara, August 11, 1938
その他のタイトル: 50. 三原火山の地球物理學的研究 : 昭和13年8月11日の小活動
著者: Nagata, Takesi
著者(別言語): 永田, 武
発行日: 1938年11月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第4号, 1938.11.20, pp.714-720
抄録: 1. 昭和13年8月10日深更より翌11日早朝にかけて三原火山は小活動を爲した.その間直徑數糎の熔岩片を多數に噴出したがその分布から爆發の壓力を推定した結果60~90氣壓程度と思はれる.2. 噴氣孔の蒸氣溫温度が今度の噴火前後から著しい低下を示した他には,火山微動,傾斜,地電流,火山地震の發生等には著しい變化が見られなかつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10411
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0164004.pdf629.25 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください