UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10418

タイトル: 2. Damping of Periodic Visco-Elastic Waves with Increase in Focal Distance.II
その他のタイトル: 2. 粘彈性波の走波距離についての減衰(第2報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1939年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第1号, 1939.3.30, pp.9-26
抄録: 前囘の同様な論文に於て粘彈性波が走波距離について減衰する有様を數理的に出して置いた.この論文ではRayleigh波やLove波が二次元的や球面上で走波距離に從て減衰する場合をしらべたのである.前囘の研究に於ける空間的に固體波の出る場合も同じ範疇に屬するが,只今のやうに二次元的や球面上の問題では波形を與へて時間的に減衰する場合よりも,むしろ時間的の波形變化を與へて走波距既について減衰する場合の方が解析性もあり又應用性もあるのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10418
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0171002.pdf781.47 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください