UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10426

タイトル: 10. Vertical Displacements in Regions Markedly Deformed
その他のタイトル: 10. 變動著しき地域に於ける變動量の修正
著者: Miyabe, Naomi
著者(別言語): 宮部, 直巳
発行日: 1939年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第1号, 1939.3.30, pp.111-117
抄録: 東京市内の一部,江東の地域では著しく地盤が沈下してゐる.斯様な地域に於いて,水準測量を施行し,地表面の變形を測定する場合,一囘の測量に要する日子が,この測量結果を比較して變動量を算出すべき次の測量までの經過日數に比較して充分少なくないことがある.その様な場合には,測量に要した若干の日數内に生じた變動量をも考慮に入れなければ,眞の,若しくは眞に近い變動量を算定することは出來ない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10426
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0171010.pdf353.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください