UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10428

タイトル: 12. 東京帝國大學構内に於ける地震動加速度の比較觀測(其の二)
その他のタイトル: 12. Comparative Observations of Acceleration of Earthquake Motions in the Compound of the Tokyo Imperial University.(Part II)
著者: 萩原, 尊禮
表, 俊一郞
著者(別言語): Hagiwara, Takahiro
Omote, Syun'itiro
発行日: 1939年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第1号, 1939.3.30, pp.139-143
抄録: This paper is the supplement to a previous report of the same title. The acceleration of earthquake motion in the laboratory of the Naval Architectural Institute (wooden building, Fig. 1) was compared with that of the groundfloor of the Earthquake Research Institute and the Seismological Institute. As stated in the previous paper, on the surface of the ground, motions with comparatively small period, such as 0.2 sec, predominate, while on the ground floor (depth 4 m from ground surface) of the Earthquake Research Institute, motions with period of 0.3 sec or larger predominate.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10428
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0171012.pdf516.74 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください