UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10431

タイトル: 15. 昭和13年11月5日鹽屋崎沖地震に關する調査報告
その他のタイトル: 15. On the Earthquakes that occurred in November, 1938, on the Pacific Coast of Northeastern Japan
著者: 大塚, 彌之助
著者(別言語): Otuka, Yanosuke
発行日: 1939年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第1号, 1939.3.30, pp.168-178
抄録: On November 5th (about I7t, 44m), 1938, a strong earthquake was felt along the Pacific coast of the Kwanto region and northeastern Japan. In this report the writer describes the earthquake damage and the Tunami waves that accompanied the earthquake. Although the earthquake was felt over a large area of northern Japan, fortunately, the extent of damage was very small, since the shock originated at sea in the Pacific Ocean.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10431
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0171015.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください