UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10449

タイトル: 33. The Formation of Boundary Waves at the Surface of a Discontinuity within the Earth's Crust.II
その他のタイトル: 33. 地殼内の不連續面に於ける境界波の生成(第2報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1939年9月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第3号, 1939.9.20, pp.539-547
抄録: 地殼内に密度又は彈性の不連續面があると,この面に沿うて英國のStoneleyの述べたやうな地震波炉傳播する.前囘の第1暇報に於てこのやうな波が如何に作られるかを2次元の彈性論を以て説明し,且つ,實際にあるやうな3次元のものは研究中といふ事にして置いたところが,英国のある人がある雜誌にこの3次元の方を一層期待するやうに述べてをるので,物理的の本質はあまり變らぬけれども,ともかくも3次元の問題を解いて出して置いた次第である.計算の方法も前囘と同様にSommerfeldの電磁波の解法に關係あるものを用ひたのであるから,第1報と異なるやうな特徴が殆どない.即ち前囘の研究の擴張を試みたといふのに過ぎないのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10449
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0173002.pdf334.3 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください